雲のやすらぎ ヘルニア

ヘルニアにも雲のやすらぎは大丈夫なのか

雲のやすらぎは、腰に負担が掛から無い敷布団で、ヘルニアの悩みにも対応します。

ヘルニアは、日常の何気無い動作が負担を掛けますし、就寝中は敷布団の良し悪しが重要に成ります。

特徴は、厚さが17cmとボリュームたっぷりですし、体重分散して支える独自の製法で作られていますから、悩みを抱えていても負担は軽減可能です。

5層構造で作られていますから、雲のやすらぎはモットンのマットレスよりも体圧分散性能が高く、寝返りの打ち易さを重視しているので、腰に不安を持つヘルニアでも安心です。

また、通気性の工夫は雲のやすらぎの口コミの特徴ですし、汗の湿気や熱が溜まり難いですから、真夏の寝苦しい夜も快適性は得られます。

クロスクラウド製法でヘルニアに対応

アンケートの結果、雲のやすらぎは寝心地の評価が高いですし、ヘルニアでも98%の人は満足の評価を与えています。

敷布団の機能調査では、腰痛軽減に最も需要が高く、32%の声が反映されています。

更には、肩こり解消や夏季の湿気の溜まり難さが求められ、これらの口コミにも応えています。

持病のヘルニア対応だけで無く、アレルギー対策や保温性能は、雲のやすらぎがニーズに応じて取り入れた機能でクロスクラウド製法を採用してます。

雲のやすらぎの評価は、販売している様々な場所で高い結果を獲得していますし、購入した消費者の満足度が高く得られています。

体圧分散機能が優れている

腰痛や酷いヘルニアを抱えている人は、普通の寝具で眠るだけで不安が有りますから、安心して預けられる布団は必要です。

堅過ぎると、体圧分散機能は働きませんし、過度に柔らかければ支える性能が不足します。

5層構造は、絶妙な堅さを生み出していますから、ヘルニアを抱える人に信頼を得ていますし、雲のやすらぎは安心出来る事が安眠に繋がります。

モットンよりも口コミで信頼性を高めているもう一つの理由は、整体院の院長に推薦を受けている事で、悩みの解決に応えているからこそ、評価に信頼性が有ります。

雲のやすらぎは多くのメディアで宣伝

実際に使用した結果、体の安定性が認められ、丁度良い弾力は、ヘルニアを始めとする、痛みや疲労感の軽減に効果が有ると認めています。

寝心地の良い寝具として、雲のやすらぎは、130社近い雑誌やテレビのメディアに取り上げられています。

体圧分散に優れた分野でも、週刊誌など130社に喝さいを浴びて掲載されていますから、それだけ雲のやすらぎに口コミは集まります。

テレビの特集に取り上げられる事は、販売開始後の早い段階で行われていますし、勢いがあるマットレスのモットンと比較して今も話題に成る機会が継続します。

全国的メディアに限らず、地方テレビ局で特集されますから、商品紹介以上に注目度は高いといえるでしょう。

腰を支える重要性は、各寝具メーカーの課題ですが、絶妙な寝心地実現は難しく、どうしても体に適さ無いケースが発生します。

しかし、雲のやすらぎは独自製法を研究した事で、体重が集中する腰の負担軽減に成功していますから、ヘルニアでも全身で程良く重圧の拡散は行えます。

静かで室温が整った環境は、深い眠りを実現する基本条件ですが、寝具は体に触れる存在ですから、安定した土台として、確かに支える製品を選びましょう。

雲のやすらぎを半年使って腰が痛くなった

2016年2月に雲のやすらぎを初めて購入しました。

利用したのは妻で50歳になります。元々ヘルニアではないですが腰痛を持っていましたが頻繁でなく時々起床時に立ち上がれなく痛む程度でした。

半年を過ぎたころから、雲のやすらぎで横向きに毎日寝てたせいか、「足の付け根の外側、腰の横部分」が痛むようになり、座って起き上がるときや歩き出しの時に激痛が走るようになりました。

病院に行ってレントゲンとMRIを撮影したところ「炎症」が原因と分かったのですが、何故に炎症ができたのかまでは不明でした。

雲のやすらぎは、体重で沈み込むくらい柔らかいので横向きの姿勢でヘルニアになり腰骨に炎症が出た可能性はゼロではないと思います。

今現在も通院中で経過を観察中になります。


 モットン(・_・)雲のやすらぎ【腰痛マットレスの口コミ】